入居後の話(2):買ったものいろいろ

以前住んでいたアパートからほとんどの家具を持ってきましたから、新規に購入する家具はあまりありません。その中で大きなものと言えばリビングのテーブル。リビングは床暖房が入っている事から絨毯などは引かず、また椅子ではなく床に直接座れるようにローテーブルにしたいと話していました。せっかくなのでウッドテーブルが欲しいなと言っていたのですが、探してみるとどれも10万円程度はするかなり高価なものばかりでした。そうした中、みかんが見つけてきたのが通信販売のホームダイレクトのウッドテーブル。価格はなんと19,900円と格安です。ホームダイレクトは近所に見本品展示場もあるのでさっそく見に行きました。実物を見てみると安いのも納得で、1枚板のテーブルではなくいくつかの木片をくっつけて出来ています。それでも結構いい質感だったので購入を決定。座椅子4個セットも一緒に購入しました。このテーブルはわたしもみかんもお気に入りですし、来客にも結構評判が良いです。我が家のリビングは10畳とそれほど広くないのですが、ダイニングとリビングに分けずこのテーブル一つで過ごしているため、結構ゆったりと過ごせています。

次に買ったのが、バルコニー用のウッドタイル。ウッドタイルというモノの存在自体をオプションカタログで初めて知りましたが、写真を見る限りなかなかいい感じです。やはり灰色のバルコニーは味気ないですから。しかし、オプションの価格は約30万円。破格のお値段です(もちろん高い方に)。せっかくなのでお金を貯めて買いたいねと話をしていたのですが、どうにも高い。なんとか安く購入する事が出来ないかといろいろ調べたところ、ウッドタイルにはハードタイプとソフトタイプの2種類があることが分かりました。ハードタイプは硬化処理をしたもので10年くらいは見た目が変わらない耐久性があるそうです。その代わり高価で、30万円したオプションもこちらでした。一方ソフトタイプは普通に木でタイルを作ってニスを塗っただけのもので、こちらだと5万円程度で購入できそうです。とりあえず安いもので敷設してみて、気に入ったら将来高いものに買い換えようと言う事で、ソフトタイプの安いものを探していたところ、近所のDIY店で30cm×30cmが1枚248円というのを見つけました。この大きさだと我が家のバルコニーは80枚程度で敷き詰められますから、トータル2万円ほどで済みました。買ってきて敷設は自分で、と言っても単に並べるだけなので簡単簡単。しかし、出来上がってみると値段の割にはずいぶんといい雰囲気です。バルコニーに出るときに履物をはかなくて良いのもいいですね。ソフトタイプですから、生の木に近い感触も気持ち良いです。

ウッドタイルを敷いたら、今度はガーデンテーブルです。我が家のバルコニーは奥行き2メートルあってそこそこ広いですから、テーブルを置くスペースが十分にあります。ここで休日にお茶などするのは楽しそうですよね、ね、ね。という事で、これまた安いものを探していたのですが、DIY店などで売っている安いものはちゃちいと言う事でいまいち。少し値段は高くなりますが、またしてもホームダイレクトで購入しました。12,900円。ものはDIY店などにあるものとは格が違うしっかりしたもので、暖かい季節にはここで休日の朝食を取ったりして遊んでいます。こういうとき、景色がいいのが良いですよね。

ご多分に漏れずわたしもパソコンを何台も持っているので家庭内LANを構築しているのですが、みかんから「LANケーブルを部屋と部屋の間に這わせるのは禁止」令が出てしまい、無線LANを構築することになりました。以前に比べれば安くはなったものの、I/O-DataのWN-B11 AXPというアクセスポイントが約20000円、NICがWN-B11 PCMで約8000円と結構します。さっそく繋いでみますが、同じ部屋の中だと接続はかなり良好です。インターネットとの接続が1.5MbpsのADSL なので、ほとんど速度差は感じません。しかし、部屋と部屋の間だと、これはかなり厳しい。間に台所があるため余計に厳しいようですが、接続が切れてしまうこともしばしばです。通信が出来ても、かなり遅くなってしまいます。そして、電子レンジなどを使うと電波は完全に遮断されてしまいます。電子レンジの使用頻度はそれほど高いわけではないので、あまり気にはならないと言えばならないのですが。しかし、LANケーブルが無いのは美観として良いだけではなく、ノートPCだと持ち運びがとても便利ですね。リビングから寝室まで、あっちこっちに持ち運んで便利に使えています。


あおやぎのさいと2.0 マンション談義