トレーニング日記:2011年12月

2011年12月1日:筋トレ始めました

どうも歩いているだけでは予備トレーニングとしては十分ではなさそうなので、筋トレもすることにしました。といっても基本的な腹筋運動だけですけれど。

どうせやるなら、ちゃんとしたやり方でやりたいなということで、少し古い記事ですが【筋肉トレーニング】徹底的に腹筋トレーニングを参考にしてみました。

が、結構きつい!当たり前だけど。とりあえず今日のところは、全メニューを10回1セットで終わりにしました。まあ、徐々に強度を上げていければいいかなと。気分的にはもうすっかり腹筋が割れた積もりなんですが(^^)、現実はたぷたぷです。

2011年12月1日:体重・歩数データ更新

月が変わったので、11月分の体重・歩数データを入力し公開しました。

3月11日に最大体重96.0kgを記録したのですが、11月13日に10kg減の86.0kgを達成いたしました。わーい。ただ、その後少しリバウンド気味なんですけどね。

歩数のほうも先月をピークに少し下がってきているので、それもリバウンドの原因かもしれません。なんとかしないと。それでも月間で35万7620歩も歩いているので、我ながらたいしたものだと思います。

2011年12月18日:東京マラソンボランティア説明会

今日は東京マラソン2012のボランティア説明会があったのでさぶちゃんと一緒に参加してきました。ちなみに会場は、EXPO会場にもなるビッグサイト。まあ、今日は小規模なんでそこの会議室の一室で行われたんだけどね。

今日の説明会は、マラソンボランティアの初心者向けのガイダンスということで、わりと初歩的なところをざっくりと説明していただく。マラソンを走った(歩いた)ことはあるけれど、ボランティアとして参加するのは初めてなのでためになります。

説明会の前半では、東京マラソンというイベントそのものについての説明。知っていることもあったし、知らなかったこともあったし。知らなかったことでは、本番のマラソン大会以外にも多くのサブイベントを行っていることや、寄付制度についてとかがあった。寄付制度のうちでも、特にチャリティランナーはは「金を出せば東京マラソンに出れる」という声が多くあるようで、そういう意図ではないということを強調しておられた。

説明会の後半は、実際のボランティア活動について。ここで認識を新たにしたのは、ボランティアってのは「主催者側の人間」なんだということ。私としては、東京マラソンという大きなイベントにランナーとして参加できるならそれに越したことはないけれど、現実の競争率から考えてそれは無理。ならば、せめてボランティアとしてこの祭りに参加して楽しんでみようというような、比較的軽い気持だったわけなんだけど、それだけではダメだということ。もちろん、ボランティアもそれはそれで楽しみ方としていいんだろうとは思うんだけど。

要するになんだけど、スタッフウェアを着て会場で仕切ってるボランティアは、たとえ給料を貰ってなくても、当日だけのスタッフであろうとも、ランナーや一般の応援の方から見れば、どう考えたって「主催者の一員」なわけですよ。そこには「主催者の一員として見られている」ということからくる規範というものがでてくる。過去の事例では、走ってきたトップランナーをカメラで撮影しようとしているボランティアの姿がテレビに映ってばっちり放映されてしまって、あとから凄い批判を浴びたということもあったらしい。そう、東京マラソンって生中継されるイベントなわけで、ボランティアも意外と「映って」しまうわけですね。テレビに映らないとしても、サボっていたりするとやっぱり周囲の人からすると感じが悪いわけですね。それがたとえきちんとした休憩時間であったとしても。だから、ボランティアに従事していないときはしっかりウェアを脱いで誤解を招かないようにしないといけないし、ウェアを着たら「見られている」という意識をしっかり持たないといけないということ。これは完全に抜け落ちていた視点なんで、とても勉強になった。

あとノウハウ的に重要だったのが、当日の手荷物や服装について。ボランティアスタッフの手荷物置き場は無いので、リュックやウェストポーチなど身に付けられるもののみの軽装とすることが望ましい。しかも、スタッフウェアは常に一番上に着なければならないので、バッグ類もウェアの下になるので、注意が必要。雨が降った場合のレインコートなども中に着なければならないそうだ。つか、雨具としてのレインコートは無いと相当に困りそうだから買っておかないとね。あと軍手やカイロなどはあると便利とのことなので、これも用意しておこう。

説明会が終ったあとは、さぶちゃんと食事をしながら軽くミーティング。といっても別に思い話でもなんでもなくて、最近どうしてるとかいった軽い話なんだけど。その中で、やっぱり私たちとしてはホノルルマラソンにまた行きたいよねぇという話をしたんだけど、さぶちゃんからは「行きたいってのはわかるけど、ではそのためにどうしたらいいか考えて、具体的に行動してないじゃないですか」と叱られる。ごもっとも、考えてないし、行動してない。しょぼん。いや、落ち込んでばかりでもいられないんだけど。

ということで、今日は色々なことに気づかされた一日でした。この気づきを次に生かしていかないといけないですよね。


あおやぎのさいと2.0 ホノルルへの道