トレーニング日記:2006年12月

2006年12月1日:スポーツクラブ

帰宅時、今日も階段を登ってみた。試しに時間も測ってみたところ、2分強。人間が全力を出し切れる限界はどんなにトレーニングを積んでも1分半程度だったと思うので、それ以上の時間が掛かると負荷トレーニングになるんだったと思う。ちょうどいい時間ということになるな。出来れば毎日階段登りしてみよう。

スポーツクラブでクロストレーナー60分(負荷5、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回、サウナ。

トレーニングしててもサウナ入っても汗をかく量が減ったような気がする。体が鍛えられたからだったらいいんだけど、多分寒くなって汗腺が閉じただけなんだろうなぁ。

2006年12月4日:筋トレ

筋トレ。腹筋30回、背筋40回、腿上げ1分半を5セット。

2006年12月6日:ホノルルマラソンツアー書類到着、スポーツクラブ

ツアーの書類が手違いで配達業者の営業所止めになっていたのが、ようやく今日届いた。ほんとは週明けには届いていたはずだったし、コレがないとホノルル行けないんでちょっとドキドキしたけど、なんとか届いて一安心。

こうしてだんだんホノルルな準備が進んでいくんだけど、不思議と自分の気持ちは平静。なんでやろ。あちこちの掲示板とか見てみると、今から興奮して寝れないとかそんなコメントも目に付くというのに。

一つには十分なトレーニングが積めなかったというのはあるわな。元のレベルが低いからどっちにしろ1年ではたいした所まで登れるわけではないんだけど、それでも登れたはずのレベルからすれば現状はかなり低い。それはもう言い訳してもしゃーない。自分が手を抜いたんだから。歩かずに完走かつ5時間以内くらいは達成できるかなと思っていたけど、現状ではとても望めそうにないし。

ま、それは今更言ってもしゃーないことで、仕事の調整もなんとかついたし家族の協力も得られたので、せっかくのお祭りに参加して楽しんでこようとは思ってますよ。もちろん。でも、もっと努力してたらもっと自分を受け入れられただろうなぁと思うと、ちょっと悔しいね。

スポーツクラブでクロストレーナー60分(負荷5、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回、サウナ。

2006年12月7日:スポーツクラブ

スポーツクラブでクロストレーナー60分(負荷5、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回、サウナ。

2006年12月8日:いよいよ明日ホノルルマラソンツアーに出発、スポーツクラブ

いよいよ明日は出発だというのに、未だにスポーツクラブ。もうホノルル入りしている人も大勢居るというのに、まだ都内でぐずぐずしてます。

クロストレーナー60分(負荷5、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回、サウナ。

2006年12月9日:ホノルルマラソンツアー出発

とっくに現地入りしているランナーが多数居る状況のなか、取れたツアーの日程がこれしかないという理由で今日出発の私です。未だにほんとにホノルルマラソンを走るのか実感があまりなかったりしますけど、行ってみれば少しは気持ちも盛り上がってくるのかも。トレーニング不足という問題もありますが、それでも1年前に比べれば見違えるほどに変わっている自分を信じて、無理しない範囲で行けるとこまで行ってきます。出来れば歩かずに完走。タイムは5時間切れればいいなぁと思ったけど、多分無理なんで6時間以内を目標にします。

では、行ってまいります。

と出発前に自宅で書いて、ここからは旅行中のテキストです。

まずは羽田空港から関西空港へ移動。まつまさとさぶちゃんと一緒に行くため、今回は関西空港発になったのであった。面倒な気もするけど、成田のあまりのアクセスの不便さを考えると、これでもいいような気もせんでもない。

ちと早めに空港についたので時間をつぶすのが退屈だったけど、それ以外は特に問題なく全員無事に飛行機に乗って出発。いざホノルルへ。

7時間ほどのフライトの後、同じ9日の朝にホノルル着。私にとっては初めてのハワイだなぁ。着いてとにかく思うのは、異常に日本語が通じること。というか、デフォルトの言語が日本語になっていて、まるで公用語が日本語のよう。ハワイは日本語が通じるとは言われてますが、これほどまでとは思いませんでした。

今日の主要な用事はゼッケンの受け取り。あとは明日の朝食を受け取ったりゴール地点で受け取る着替えを預けたりパーティーやマッサージの申し込みをしたりとか。それらをこなしたあとは、明日に備えて寝るだけ。お休みなさい(寝過ごしたりして)。

2006年12月11日:ホノルルマラソン翌日

起床。エンドステーションごとのアイシングの効果か、ゴール後のアイシングサービスの効果か、多少の筋肉痛程度で歩くのにはほとんど支障なし。この点でもヒロシマMIKANマラソンの時よりも自分が進化してるかな。

まつまさ、さぶちゃんと一緒にカピオラニ公園まで散歩がてら完走証を取りに行く。昨日はあれだけにぎやかだったカピオラニ公園も今では随分と静か。オフィシャル含めていくつかのテントが稼働しているだけ。完走証と全完走者の載った新聞をもらう。うーん、昨日のことなのにいまいち実感がないけど、ちゃんとホノルルマラソンを走ったんだねぇ。後半歩いたけど。なんだか夢のようだ。

さて初めてのホノルルマラソンを完了したんで、その次をどうするかだ。完走出来なかった悔しさがあるんで、必ずリベンジはするけれど、それを2007のホノルルにするかはまた別の話し。実は自分自身のマラソン生活の最終目標をサブフォーに置いているんだけど、それを1年後に達成できるかと言うと、難しいだろうと思う。それ以前に、まだフルマラソンに対応できるだけの体にすらなっていない。まずは10kmやハーフマラソンをじっくり走り込んで、その後フルマラソンに進むべきだと思う。レベルは違うけど、競技者がトラックで経験をつんてからマラソンに転向するような考え方やね。まず来年はそのために費やそうと思う。

とはいえ、そんなことを言っていたらいつまでもだらだらとトレーニングという事態になりかねないので、一応期限を切っておきたい。切りのいいところで、40歳までにホノルルマラソンでサブフォーでどうだ。私が今37歳なんで、2009年のホノルルマラソンということですな。これをこの場で宣言します。さあ、頑張るぞ。

というようなことを考えていたんだけど、この日の夕食時にまつまさ、さぶちゃんと来年どうするという話になり、ぜひ来ようという結論になってしまった。あれー!?来年来るのはいいんだけど、あと1年でサブフォーってそれは無理でしょ。やる前から諦めちゃいかんけど、でも出来ることと出来ないことがあるし。うーん、ではとりあえず2009のサブフォーは変わらないとして、2007はサブファイブでどないだ。これでも厳しいとは思うけど、実現不可能というわけではないだろう。と思いたい。うーん、今からちょっと気が重くなってきたぞ。うむむぅ。あとは帰国してから考えよう。

2006年12月22日:スポーツクラブ

かなり久しぶりにスポーツクラブ。

と言うのは、帰国してから時差ぼけなのか早朝4時か5時に目が覚めてしまう日が続いていたんです。早起きなだけならいいんですが、当然の帰結として夜早く眠くなる。実際には20時頃には寝てしまうという幼児並みの生活。いつも夜にスポーツクラブに行っていたから、ずっと行けないでいたのでした。

今日は眠いのを我慢して、なんとか行ってきました。クロストレーナー60分(負荷6、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回、サウナ。クロストレーナーの負荷を1だけ上げてみました。これからも少しずつ上げていく予定です。

スポーツクラブでトレーニングをしていると、外を走っているのとは違って景色が変わるわけでもないので、非常に退屈です。これまではスポーツクラブに置かれたテレビをなんとなく眺めたりしていたんですが、どうせなら読書でもするかと思って文庫を持ち込んでみました。

が、これが結構失敗。右手でずっと本を支えた状態になるので、肩から背中に掛けてかなり痛くなる。それに、全身のバランスがかなり悪くなっているようで、多分腰や膝に余計な負荷が掛かっていると思われます。やめといた方がよさそうですね。でも、そうするとトレーニング中の比較的退屈な時間をどう過ごそうか。なんかいい方法ないですかね。

2006年12月23日:荒川河川敷

いい天気だったこともあり、ものすごく久しぶりに荒川河川敷。約1年ぶりですか。今回の目的は10kmのタイム測定。定期的に測定して推移をみてみようかと思います。なので、1kmおきに道標がある荒川河川敷はちょうどいいんですね。

河口から13km地点からスタート。ホノルル以来走ってないし、10kmという距離を走るのも久しぶりなんでペースがいまいち分からず、最初はちょっと飛ばし気味になってしまう。1kmは5分半。私にしてはちょっと早い。ペースを落とそうと思うんだけどなかなか落ちず、4kmではなんと20分20秒。キロ5分5秒って。これはさすがにありえない。距離表示が間違ってないか?調べようもないけれど。

18km、つまり折り返しの道標でちょっとトラブル。この付近が工事中で(1年前も工事していたように思うが...)、道標が見つからない。結局そのまま走り続けて19km地点まで行って折り返し。ここで34分。順調だけど、4kmからの2kmで13分?これもありえないような。

更にトラブルと言うか、残り2kmと思ってペースを少し速めたところ、勘違いで残り3kmだったことが分かってかなりガックリきたり。精神的にも体力的にもかなりガックリきてしんどくて走るのやめようかと思ったけど、とにかくタイムを測定しなきゃということで、残りもなんとか走りきって河口から15km地点でゴール。タイムは58分55秒。1年前の浦安、立川の頃と似たようなタイムか。進化してないなぁ。ま、ここがスタートなわけで、ここからどこまで伸ばしていけるかなんですけど。

ということで、これからも時々荒川で10kmのタイム測定をしようと思ったんだけど、今回のコースはちょっと困ったな。18kmの道標が見つからないからキロごとのタイム取れないし、スタートとゴールが2kmもずれるのも不便。仕方が無いから、次回からは河口から12kmの地点からスタートにしますか。

ちなみに、帰宅時に例によって階段を12階まで登ったんですが、これがしんどい!平時と違って、ある程度疲労した状態では、また違ったしんどさがあるんですね。でも、そういう状態で頑張るとトレーニング効果があるはずなんで、これも取り入れますか。

2006年12月28日:スポーツクラブ

スポーツクラブでクロストレーナー30分(負荷7、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回。クロストレーナーの負荷を上げて時間を短くしてみました。今後、更に負荷を上げていき、平日のスポーツクラブは筋力に、週末の荒川で持久力という組み合わせにしてみようかと思います。

クロストレーナーはそれほどでもなかったんだけど、各筋トレは非常にきつかった。それだけ筋力が落ちている。ホノルルから約半月なにもしなかったから衰えて当然なんだけど、それにしてもたった半月でと思わなくもない。毎日トレーニングするなど急速に鍛えた筋力は急速に衰えると聞いたことがあるけど、それにあてはまるのかな。急速に鍛えた後、間隔を少し空けてトレーニングするとなかなか衰えにくい体に仕上がるらしいんだけど。でも、今の私にそれを言っても仕方が無いしな。まず鍛えるのが先でしょ。とりあえず、最低でも週に1回は体を動かすように心がけるようにしましょう。

2006年12月29日:スポーツクラブ

スポーツクラブでクロストレーナー約20分(負荷7、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(25kg)30回。

クロストレーナーの途中で、またしても右ひざに痛みが走ったので途中でやめた。さらの上外側の靭帯。ここが痛くなったのは初めてだな。すぐに痛みはひいたので大したことは無いとは思うけど。

それにしても、つくづく負荷を上げてトレーニングに励むぞと思った瞬間に痛みが出るな。体からの警告だと思えば、それも素直に受け入れましょうか。多分、私はまだまだパワーアップのトレーニングには耐える体が出来てないってことでしょう。まだまだ基礎的な筋トレと、LSD的なトレーニングで体を作っていく段階なんでしょうな。トレーニングメニューをまた考え直そう。

ということで、ほんとは明日は荒川にと思ってたけど取りやめ。今年のトレーニングは今日で終了。来年はどうなりますかね。


あおやぎのさいと2.0 ホノルルへの道