プレーヤーとマネージャー

2010/1/20作成

ものすごく乱暴にまとめると、世の中の仕事はプレーヤーとマネージャーに大別できます。プレーヤーとは、手を動かす仕事です。野球で例えると、ピッチャーとかバッターとかですね。マネージャーとは、人を動かす仕事です。同じく野球で例えると、監督に相当します。もちろんプレイングマネージャーとして両方を兼任する人も居ます。

プレーヤーの仕事については、理解しやすいと思います。ピッチャーやバッターの仕事というのは、投げることであったり打つことであったりですから、それぞれの技術があればいいわけです。

マネージャーの仕事というのは、人を動かす仕事ですから、本来ならば手を動かす能力は必要ないことになります。しかし、実際のところとしてマネージャーになるのは元プレーヤーという場合が多くなる傾向にあります。理由はいくつか考えられます。

プレーヤーとしてそれなりの実績が無いと、プレーヤーが言うことを聞かないという理由も考えられます。だから、名選手必ずしも名監督にあらずなんだけど、とりあえず名選手が監督になっていくという傾向はあるわけです。

プレーヤーの経験が無いと人をどう動かしていいか分からないというのがあります。一理あるのですが、しかしバッター出身の監督は経験の無いピッチャーの指揮もしなければならないわけで、完全に合理的な理由というわけでもありません。学校の部活などでは、なり手がいなくてプレーヤー経験の無い先生が顧問や監督を務めるというパターンもあるわけですから、絶対に無理というわけでもありません。名選手必ずしも名監督にあらず、とも言われますから、プレーヤーとしての能力とマネージャーとしての能力は本来全く別物のはずです。

うまくまとめられないのですが、なんというかマネージャーの能力というのは人を動かすことなんだから、手を動かすこととは全く別個だよなぁと思うんですが、世の中では上述のように手を動かすことの延長線上に人を動かすことを求める傾向があるような気がするんです。しかし、先ほども書きました通り、プレーヤーとマネージャーの能力は全く別個ですから、プレーヤーの経験が無くてもマネージャーは務まるはずなんです。また、プレーヤーからマネージャーになった場合、プレーヤーの経験がかえって視野を狭くすることに繋がるという危険性もあります。名選手でなおかつ名監督になればそれはそれでめでたいことではありますが、そんなのはごく一部の希少な例であって、全ての名選手に期待するものではないと思います。

まだうまくまとめられなくてだらだら書いてしまっていますが、結論としては

といったところを考えていたのでした。


あおやぎのさいと2.0 なんだかフリーランス