distributed.nteな日々:1998年8月

1999年8月5日:Final Tear Z 373位(-2) Project Karinto 370位(±0)

マシンリストの更新です。

haseさんが、またしても職場でジャンクマシンを復活させました。この人、ええ根性してますわ(笑)。

んで、海星さん。4月のオフラインミーティングで購入したDuaronマシンがようやくリストに載りました。しかし、このマシンを組む為に他のマシンからパーツを集めた結果、他のマシンは稼動してないそうです。あかんやん(笑)。

んでにゃぎ〜。職場によその部署からO2がやってきたので、さっそくクライアントをインストール(笑)。 R5000 180MHzなため、それほどパワーが無いのが残念ですねぇ。

1999年8月6日:Final Tear Z 373位(±0) Project Karinto 370位(±0)

VIA Technologiesが、先日x86からの撤退を発表していたIDTから関連部門を買収するそうです。 VIA Technologiesといえば、この間Cyrixのx86部門を買収したところなんですが。

こうなると、当然Intelに対して喧嘩しかけていくのは明白だと思うのですが、さてどうやって喧嘩するのか。興味津々ですね(^^)。

1999年8月15日:Final Tear Z 374位(-1) Project Karinto 369位(+1)

詳しい事は追ってお知らせしますが、なんとチームメイトの六波羅さんがAMDのAthlonを購入いたしました!!

正確には17日にAMDから正式出荷となるので予約状態なのですが。でも、事実上世界でももっとも初期のAthlonユーザとなることになります。 600MHzのCPUとMSIの専用マザーボード、ファンなどをセットにして12万円。物としては安いかもしれないけど、それでも暴れた買い物だぁ。

RC5としての性能は、マシンの組み立てが出来次第計ってもらえるそうです。 PentiumIIIより高性能と言われているAthlon。さて、どれくらいの性能をもっているのでしょうか。

1999年8月16日:Final Tear Z 374位(±0) Project Karinto 369位(±0)

にゃぎ〜のマシンが1台パワーアップしました。もらい物のExpressに、これまたもらい物のPentiumII300MHzを差し替えです。これまでの266MHzDualから300MHzDualに変更したところキーレイトも1398k keys/secから1674k keys/secへと上昇して良い感じです。

と、ここまでは良い話なのですが実は裏がありまして(^^)。このCPUは、本当はチームメイトの海星さんのものになるはずだったのです。それを手渡しする途中で私がインターセプトしてしまいました(笑)。だって…だって…欲しかったんだもん(爆笑)。

海星さん、ごめんなさいね。

1999年8月21日:Final Tear Z 373位(+1) Project Karinto 371位(-2)

先週AMDのAthlonを予約購入した六波羅さんですが、ようやく品物が到着したそうです。そして早速組み立ててDOSクライアント(笑)でベンチマークを取ってみたところ、なんと2Mkeys/secオーバーだそうです。これまで見聞きした範囲では、単一で2Mkeys/secを超えるCPUは存在しませんでした。もちろんPentiumIIIよりも速いです。 rc5という非常にマニアックな速度指標ではありますが(^^)、AMDのx86最速は嘘では無かったという所でしょうか。

ところで、どことは言いませんが六波羅さんが予約購入した秋葉原の某店。 CPUファンの入荷が遅れたとかの理由で、約束した日に商品を発送しなかったそうです。しかも、そのことを六波羅さんには一言も連絡無く。この話を聞いたとき、私は呆れて何も言えませんでした。よくもまあ、そんないい加減な商売をして通用するなぁ、と。少なくとも私個人は、今後この店では何も買いたくはありませんね。

1999年8月22日:Final Tear Z 373位(±0) Project Karinto 371位(±0)

本日、FTZチームは総解析ブロックが250万ブロックを突破しました。 6月23日に200万ブロックを突破してから60日目でした。平均8333ブロック/日。 150万→200万のときの平均7300ブロック/日より約1000ブロック/日速くなっています。

1999年8月25日:Final Tear Z 369位(+4) Project Karinto 371位(±0)

海星さんの一気フラッシュによって、久しぶりにProject Karintoさんよりも上位になりました。さてどれくらいぶりかなぁ、と日記を辿ってみるとなんとライバル認定(^^)をしていただいた5月25日以来ではないですか(笑)。この間、一度か二度逆転した事はあったと思うのですが、たまたまその日は日記を付けていなかった様ですね。

1999年8月29日:Final Tear Z 367位(+2) Project Karinto 368位(+3)

人柱精神を発揮した六波羅さんによる2Mkeys/secというAthonのベンチマークが、疑いの的になっているそうです。実際、他の500MHzの人のベンチマークと比較すると、単純なレート換算でも約1割高速になっています。この件について、MLで六波羅さんから直々に説明がありました。

ベンチマークを採った環境は、ビデオカード以外のカードを一切刺していない。またHDDも接続せず、FDDのみ。そしてDOSを立ち上げた状態で計測したそうです。そして、なんと驚く事に、HDDや拡張カード類を刺しただけでキーレートが低下するとの事。更に、Windows95をインストールして計測すると、トータルで約1割の速度低下だそうです。

これが、Athlonだけの現象なのかどうかはわかりませんが、カードを差すとキーレートが低下するってのは穏やかではないですねぇ。


あおやぎのさいと2.0 distributed.netな日々