Windows 7の2020年問題

2013/9/18作成

ついに大半の企業ユーザーがWindows XPから移行開始か

珍しくプラスモデをもらったので、ちょっと調子に乗ってWindows 7の2020年問題について妄想を垂れ流してみる。

Windows 7は2020年までサポートされるので、サポートが切れるのは7年も先の話。そんな先のことは今考えなくてもいいやと思いがちなわけですが、実はそんなに先の話でも無い。リースや減価償却の都合上、企業ではPCを5年程度使うことが多い。(減価償却は今は期間が短くなったかも。最近の事情に実はうとい)。5年使い続けるということは、2015年以降に導入されるWindows 7はOSの入れ替えか、本体の使用停止をスケジュールに組み込んでおく必要があるということ。これ、たった2年後のことなわけですね。

でも、おそらく多くの企業においては「そんな先のことは先になってから考えればいい」ということで、無計画にWindows 7パソコンが導入されることでしょう。そして、多分それは2018年くらいまで続くことが予想されます。実際、2012年頃まで新規導入PCにWindows XPを載せていた企業は結構あります。

で、これらのWindows 7搭載パソコンを抱えた企業のIT担当者が2019年頃になって新OSに移行しなきゃとあわてるのが、Windows 7の2020年問題というわけです。今のWindows XP問題と全く同じ構図ですね。

ただ、全く同じになるかというと、そうなるとも限らない。その鍵は、2020年時点において、Windows 7がどれくらいのシェアを握っているかにかかっています。シェアが圧倒的に高ければ大きな問題になりますし、シェアが低ければ大した問題にはならないでしょう。

言うまでもなくWindows XPのシェアは非常に高いものでした。というか、今でも十分に高い。シェアが高いからOS移行が問題になるわけですね。なんでWindows XPのシェアが高いかというと、いくつか理由があります。その理由をWindows 7は満たしているかどうか。

まずWindows XPは非常に長期に渡ってサポートされました。2001年に発売されて2014年にサポート停止ですから、実に13年です。IT業界において、このサポート期間は驚異的と言っても過言ではありませんが、Windowsにおいては実はそれほど特別なことではありません。実際、Windows 7は2009年に発売されて2020年までサポートされるわけですから、サポート期間は11年となるわけです。十分長いですね。

次に挙げられる理由は後継OSであるVistaの発売が遅れたことと、その販売が振るわなかったことです。Vistaが予定通りに発売されて、順調に売れていたらWindows XPのシェアはある程度Vistaに移行していて、今の問題もそれなりに小さく出来ていたことでしょう。

ではWindows 7の後継OSであるWindows 8はどうでしょう。Windows 8は2012年発売ですから、Windows 7から3年後。発売が遅くなったということはないでしょう。ただ、販売はどうかというと、ちょっとねえ。Vistaほどに評判が悪いわけではないとは思いますが、ではしっかりと売れているかというとそんなこともないような気がします。実際、Windows 8搭載パソコンを購入してダウングレード権を行使してWindows 7を使っているというケースは非常に多いです。このままではWindows 7からWindows 8への移行がスムーズに進まないという事態は十分にあるように思います。

そして、実はWindows XPからの移行を難しくしている最大の問題はこれらとは別のところにあります。それは、Windows XPとセットで長らく使い続けられていたIE6です。Windows XPも長らく圧倒的なシェアを誇りましたが、IE6も同様です。長い間、ウェブにおいてブラウザと言えばIE6という時代が続きました。ウェブシステムはIE6にさえ対応しておけばそれでいいという時代です。それでもさすがに一般に公開されているサイトについては、他のブラウザでも動作するように作られていましたが、企業内で使われている業務システムなどの場合、ユーザが制限できるためIE6でさえ動けば問題なしということが多くありました。そうして作られた業務システムが、現在Windows XPからの移行を難しくしているのです。

ではWindows 7で同じことは起こるでしょうか。これはないでしょう。Windows 7に対応しているIEは8から11ですが、いずれも圧倒的なシェアを握っているわけではありません。また、ウェブ標準という考え方も進んできましたので、IEでしか動作しないサイトというのも作られることが少なくなってきました。なので、ブラウザ依存による2020年問題はおそらくは大きな問題にならないと思います。

そして最後に検討するのは、パソコン自体のシェアです。ここ数年でスマートフォンとタブレットが急速に普及しました。そして、この流れが逆行することはおそらくないでしょう。2020年の頃には、業務においても家庭においても、パソコンは主役の座から滑り落ちている可能性は十分にあります。となると、Windows 7のサポートが切れたとしても、それで受ける影響は限定的であり、大きな問題とならない可能性は十分にあると思われます。

以上、素人がしったかぶりの知識を妄想で書き散らしてみました。当たるも八卦、当たらぬも八卦。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0