人工冬眠の夢

2012/3/1作成

食料なしで雪中2カ月、男性救出 スウェーデン、冬眠状態か

これ自体はよくある遭難の救出例で「助かってよかったね」という話でもあるんですが、個人的にちょっと注目しています。というのは、この事件は多分人工冬眠の研究に関係してくるからです。

関連する事件として、2006年に日本で

20日以上飲食せず冬眠状態 「驚異的生命力」と医師

ということがありました。全く飲食をしない場合、人間は確か3日程度で死んでしまうんだったと思うのですが、それが20日以上生存していたというのは常識が覆ります。その常識を覆した理由が冬眠状態であったのではないかということで、この事件をきっかけに人工冬眠に関する研究が活発化したそうです。人間には冬眠は無理だろうと多くの科学者が諦めかけていたところに、そうかもしれないという事例が出たということで研究に火が点いたということです。

今回のスウェーデンの事例は人間の冬眠かもしれない事例の二つ目になります。素人考えですが、二例目というのは科学的に意味が大きいと思います。もちろん一例目も大きいのですが、一例だけだといくら詳しく調べても、どの条件が冬眠に作用して、どの条件は関係なかったのかという切りわけが難しいです。しかし二例あると、二つの事例に共通する条件と共通しない条件に仕分けることで、冬眠に関係する条件を特定しやすくなるのではないかと思います。もちろん、三例目四例目と事例が増えれば増えるほど研究は進むと思います。

人間は一般に冬眠しませんが、では不可能かというとまだよくわかっていないというのが実情でしょう。熊のような大型哺乳類でも冬眠しますから、人間だって冬眠できて不思議はないように思います。

ところで、人工冬眠が出来ると何かいいことがあるのでしょうか。SFの世界ではコールドスリープというアイデアがよく登場し、何年も何十年も人工冬眠したまま過ごすことで、一種のタイムトラベルを実現させています。ただ、今話題になっている冬眠はコールドスリープとは直接的には結びつかないでしょう。なぜなら、冬眠はせいぜい数ヶ月の期間で行うものであって、何年も何十年も冬眠し続ける動物というのは知られていないからです。コールドスリープは人工冬眠とは別のブレイクスルーがないと実現できないでしょう。

ではたった数ヶ月の人工冬眠が出来て何か意味があるのか。恒星間航行のような超長時間には向きませんが、火星旅行くらいなら使えるかもしれません。それくらいの期間なら人工冬眠しなくてもとも思いますが、人工冬眠していれば食料などはその分搭載しなくて済みますし、また長時間の閉鎖空間での生活は人間に大きなストレスを与えますから、そういう観点からも航行中は人工冬眠しているというのは妥当な気がします。

それ以外には役に立つ方法はあるでしょうか。コールドスリープの場合、不治の病におかされた人が未来の医療技術の発達に期待してという理由が考えられますが、数ヶ月程度の人工冬眠ではそこまでの進歩は期待できないかもしれません。それでも余命わずかの夫に赤ちゃんを、米女性が予定よりも2週間早く出産。のようなケースでは使えるかもしれません。

そこまでドラマチックな話ではなくても、例えば重傷を負って今すぐ治療が必要だけれどもなんらかの理由で治療が行えない場合、とりあえず人工冬眠させておいて時間を稼ぐというような使い方は出来るかもしれません。

ともあれ、個人的に人工冬眠に興味がありますので、研究が進むことを祈っています。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0