折れる心の弱さも受け入れたい

2010/1/21作成

否定されて心が折れる人、折れない人

否定されて心が折れる人。居ますよね。実は私がそうです。例に挙げられている「否定的な意見を受けてブログ閉鎖」とかやったことありますよ。何度でも。何度も繰り返すなんて、学習能力も欠落してるんじゃないかと思われそうですが、実際そうなんです。

筆者は否定されても折れない強い心を持ちたいと。それは個人の自由だから、それでいいと思います。そして、現実社会には様々な意見を持った人がいるので、否定されても折れない強い心を持つことは、生きていく上であると有利なことだと他人にも勧める。それもいいと思います。でもね、それでも心の弱い人だっているんですよ。私のように。

ちょっと話が飛びますが、様々な考えの人が居るのは「現実社会」ではなくて「ネット社会」なんだと私は思います。いや、様々な考えの人が居るのは現実社会もそうなのですが、ただ現実社会ではそこまで自分の意見を他人に強く伝えるという習慣はあまりないんだと思うんです。ところが、ネットではそれが起こりやすくなってしまう。なんでか、ってのは「そうだよねぇ」で以前書いたような理由だと思うんですけどね。

ネット以前の時代では、様々な否定的な意見を受けるのは、一部の有名人に限られていました。だから、そういう人たちは折れない心の強さを持つ必要があったのです。しかし、ネット時代になって、有名人でなくても否定的な意見にさらされることが出てきました。

例を挙げてみましょう。気の許せる友人と気軽なやり取りを楽しむためだけに開設していたブログがあったとします。そこにある日書いた何気ない意見が、どこをどう巡ってか2chやはてブに取り上げられて祭られて、コメント欄は荒れ放題になったとします。そのときに、そのブログ主に対して「折れない強い心を持て」と言えますか?私なら間違いなくブログ閉鎖します。そして何日も眠れない夜をすごします。そんな弱い心の持ち主は悪ですか?非難されるべき存在なのですか?祭ったモヒカン族は「様々な意見の持ち主」として肯定されるのですか?

私は、人間なんてそんな強いものではないと思います。強くありたいと思うのは自由ですが、実際にはそんな強さを持てるような人というのは、ほんの一握りだと思います。だから、私は人間の弱さを肯定したい。受け入れたい。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0