「いじめをなくそう」ではいじめはなくならない

2013/2/26作成

昨年の大津の事件にしてもそうですが、あいも変わらずいじめに関する事件というのは起きています。

言うまでもないことですが、いじめは良くないです。悪いことです。あってはならないことです。それは間違いありません。なので、こういった事件が起こると「いじめをなくそう」ということになるのですが、残念ながらそれはいじめの根絶には効果を挙げていません。だって、現実に事件は起きているじゃないですか。

なんでいじめが根絶できないかというと、一つには方法が悪いから。いじめが社会問題になると、文部科学省が教育委員会などに指示を出して、まずいじめの実態調査を行います。いじめ対策をまとめ、それが効果を挙げているか追跡調査を行います。一見まともな方法に見えます。しかし、ここには大きな罠があります。

どういうことかというと、いじめを減らすことが評価基準になってしまっているので、いじめが実際に発生した場合には、それを隠すインセンティブが発生するのです。いじめの件数を減らすには、実際にいじめが起きないように行動するよりも、いじめがあっても見てみぬふりをして報告しない方が簡単ですからね。そりゃ、現場の先生のほとんどは生徒・児童に真摯に向き合っている方々だとは思いますよ。でも、一人の人間でもあります。それが自分の評価に直結するとなったら、それを振り払うことは難しくても責められない。結果、いじめられた生徒が勇気を出して先生に報告しても、ちゃんと取り合わないということになってしまう。報道されるいじめ事件でも、ほとんどの場合で学校側はいじめがあった事実すら認めていませんよね。その裏には、そういうからくりがあるのではないでしょうか。あと学校の評判というのもありますよね。学校選択性を採用する自治体も広まってきましたから、いじめで学校の評判が落ちることを教師が嫌うというのも十分あることだと思います。

もう一つのより根源的な問題は、そもそもいじめはなくならないということです。別にいじめを容認するわけでもなんでもなく、いじめは社会性の動物である人間が根源的に持っている行動の一つではないかと思うからです。学校に限らず、群れている限り会社でも地域社会でも、どこでもいじめは起こっています。唯一いじめが起こらないのは無縁社会です。ひとりぼっちで引きこもっている人は、いじめにあいませんよね。もしかしたら無縁社会というのは、人類が進歩して到達した新たな地平なのかもしれません。ただ、実際にはそれで全ての人が生きていけるわけではありません。現実には大半の人が群れて暮らすしかないわけで、そこにはいじめは存在し続けます。

つい最近も、いじめをなくすには道徳教育が必要だとかいう答申を政府の詰問機関の偉い先生とかが出したそうですが、そんなもんでいじめは絶対になくなりません。というか、どうやったっていじめはなくならないんです。だから営業マンのノルマのようにいじめ件数を競ったって意味がないのです。どうやったって、いじめは絶対に起こるんです。だから必要なのは、いじめをなくす方法を考えるのではなく、いじめが起こったときに、それをいかに軽微に終わらせるかなんです。だから数値目標を掲げて競わせるのなら、いじめ件数を減らしたことを評価するのではなく、発生したいじめに対して止められた比率を競わせたほうがまだマシなんです。もっとも、それも表面上だけ終わらせるような報告が発生するだけでしょうから根本的な意味はないでしょうけれども。ともかく、役人の発想で数値目標を単に設定するようないじめ対策は全く意味がありませんし、○○すればいじめはなくなるというような提言も全く意味がありません。いじめは人類の負った業です。いじめが発生するのは、人が必ず死ぬのと同じくらい必然なのです。まずその前提に立つところから始めないと、なんの意味もありません。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0