希望の超高齢化社会

2013/2/11作成

日本は超高齢化社会を迎えています。日本だけではなく、先進諸国もそれに続いていますので、この問題は世界的な問題となっていますが、まあとりあえずは日本がこの問題の最先端を走っていますし、自分の住んでいる国の話が最優先とすると、まずは日本の問題として考えるのでいいかなと思います。

「問題」と書きましたとおり、一般に超高齢化社会は問題であると考えられています。より言い換えれば「困ったこと」でもあると言えます。なぜ困るかというと、生産者人口に対して老齢人口が過大になって生産者の負担が大きくなることにあります。生産者人口を増やすことで問題を解決しようと少子化対策を語られることがありますが、個人的にはこれは間違っていると思っています。なぜなら老人人口を従来と同等の負担で支えられるほどの生産者人口を擁しようと思ったら、日本の人口は数億人となってしまって、とても現実的ではないからです。

ですので、個人的にはこれは別の切り口での解決が必要だと思います。私が有効だと思うのは、老人の定義を変えること。一般には老人とは65歳以上を言いますが、これを切り上げてしまえばいいのです。例えば70歳以上に切り上げれば、65歳から69歳の人は老人ではなくなりますから、老人人口は一気に減ります。まあ、一種の誤魔化しのようなものでもありますが、現実に即した解決方法でもあると思います。なぜなら、今の老人はかつての老人に比べると圧倒的に健康で元気だからです。

かつては50歳くらいでも初老と言われていましたし、60歳くらいでよぼよぼが普通でした。しかしいまどきの60歳だと、かつての中年世代と見た目も中身も大して変わりません。これらの人を老人と呼んで果たしていいのだろうか?年金で悠々自適の生活を送ってもらっていいのだろうか。いやまあ、これまで一生懸命働いてきたわけですから、豊かな老後を過ごしてもらうというのはそれは大切なことではあるのですが、しかしそれを全ての65歳の人から実現できるだけの社会的な余裕は今の日本にはありません。そうした人にはもうしわけないのですが、もうしばらく働いて経済的に自立してもらわないと困るわけです。実際のところ、定年制の延長だったり、老齢年金支給開始年齢の引き上げであったりと、政策的にもそうした方向に向かっていますので、別に私だけの荒唐無稽な考えではないわけです。

せっかくゆっくりした老後を迎えられると思ったのに、まだまだ働かないといけないとは夢の無い話のようにも感じられますが、一概にそうとも言えないと思います。ゆったりした老後ライフは楽なようですが、それは気力も体力も衰えた老人だからそう感じるという面もあり、まだまだ気力体力共に充実している人にとっては退屈な日常と言えるかもしれません。それなら働いて刺激のある毎日を送ったほうが充実しているかもしれません。

高齢化社会によって、日本は生産者人口が減少して生産力や購買力が衰えることが心配されています。しかし、老人とみなす年齢を切り上げるだけで、一気に老人人口が減って生産者人口が増えることになり、多くの問題が解決することになるのではないでしょうか。そして、日本が高齢化社会ということは、このゾーンの人口は大変多いのです。これらの人口移転が起こることによって、一気に日本社会が活性化するということもありえるのではないかと思います。それがタイトルに書いた「希望」というわけです。

なお、念のために申し添えておきますと、当然個人差がありますから、65歳で既に衰えてしまったり病気を抱えてしまっていて引退生活を余儀なくされる人もいるでしょう。そうした人にまで無理して働けとまでは言いません。そうした人は社会が支えなければなりません。しかし、それは別に65歳以下の人に対してもこれまでにも行われていたことですので、特に心配することではないと思います。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0