大人への階段

2010/8/20作成

大人と言われるまでには、様々な段階と言いますかハードルがあります。法律で決まっているものもありますし、慣習的に決まっているものもあります。とりあえず、パッと思いつくものをここに挙げていってみたいと思います。

まず思いつくのは15歳です。中学卒業です。義務教育が終了します。今ではほとんど居ないでしょうが、この段階で就職する人も居ます。お相撲さんとかだと、今でもありますよね。就職して社会人になったからと言ってすなわち大人というわけではありませんが、子供でもないと思います。

次に思いつくのが16歳。女性は結婚できます。未成年が結婚するには親の承諾が必要ですが、結婚してしまえば法律的には大人として扱われることになります。

その次は18歳。男性も結婚できるようになります。もう一つは高校卒業。この段階で就職する人は結構居ることでしょう。中卒で就職した人と同じく、ある意味での大人と言えます。

そして真打である20歳。法律的に成人とみなされます。具体的には、選挙権が与えられるのと、酒とタバコが許されるようになるのが主な点ですけれど。

ここまで色々挙げてきて何が言いたいかと言いますと、大人というのに随分と年齢の幅があるなぁということです。ここに挙げなかった以外にも、実際には他にもたくさんありますよね。少年法とか。でですね。私は思うんですけれど、これを思い切って整理してしまって統一してしまったら、ややこしいことがなくなってすっきりするんじゃないかと思うんです。具体的には、18歳をもって大人としてはどうかと。

まず義務教育は中学ではなく高校までにする。どうせほとんどの人が高校までは進学するわけですし、今年から高校の授業料が公費で負担されるようになったわけですし、どちらかというと現状の追認に近しいのではないかと思います。

結婚できる年齢も18歳。だいたい、なんで女性だけ16歳で結婚できるんでしょうか。法の下の平等の精神から言っても、男女とも同年齢とするのが妥当だと思います。

そして成人年齢も18歳とする。選挙権も18歳から。酒とタバコは個人的にはどっちでもいいけど。

というようなことを考えるんですが、いかがでしょうか。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0