ダイソーの電球型蛍光灯が結構いい

2012/7/30作成

少し前に「ダイソーの電球型蛍光灯はいいぞ」という話を聞いて気にはなっていたのですが、電球なんてそんなに頻繁に買い換えるものではないので、なかなか試すことが出来ませんでした(そもそも既に家の中は白熱電球から電球型蛍光灯への移行は終えている)

ですが、先日その電球型蛍光灯の一つが切れたため、ようやくダイソーの電球型蛍光灯を試すことが出来ました。ダイソーで売っているものですので、もちろん1個105円です(最近はダイソーでも105円で無い品物も増えましたが)。白熱電球は1個50円くらいですから、これなら白熱電球と比べてもそんなに高くありません。もちろんメーカ品の電球型蛍光灯と比べたら格安です。

値段が値段ですから大して期待はしていなかったんです。何よりも、電球型蛍光灯の最大の問題点である「点灯してから明るくなるまで時間が掛かる」という点に関しては全く期待していませんでした。

が、実際に使ってみると凄い!ほぼ一瞬で明るくなる!!えー、なんでーーーー!!!105円なのにー。

この値段でこの消費電力(60W相当品で12W)なら、高価な電球型LEDにする必要なんて全く無いと言っても過言ではないかもしれません。

ただ、このダイソーの電球型蛍光灯にも欠点が無いわけではありません。どういう理由からかはわかりませんが、長さが異常に長いのです。一般の白熱電球は10cm程度なのですが、ダイソーの電球型蛍光灯は15cmくらいあります。なので、実は我が家の照明器具に収まらなかったので、部品を一部取り外して取り付けるという不恰好なことになってしまいました。それでも圧倒的なコストパフォーマンスから品物には満足していますが。しかしこの長さの問題が解消したら、更にいい製品になると思うんだけどなぁ。

ということで、ダイソーの電球型蛍光灯は結構いいということでした。願わくばこの商品が末永く供給されますように。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0