小銭とのつきあい方

2017/1/11作成

長財布を使わないと出世できないそうなんですが、特に出世とかどうでもいい私は財布はずっとお札半分サイズの小さい折りたたみタイプを使ってます。しかも、学生のようにズボンのポケットに入れっぱなしで、ポケットを破いたりもしてます。はっはっはー。ま、それはともかく。

財布が小さいので、出来るだけ財布に入れるものは少なくしたいです。それもあって、ポイントカードのたぐいは基本的に貯めないようにしました。ポイントの有無で利用する店を選ぶのが面倒というのもありまして。レジの前で財布の中をポイントカードやクーポン券を一生懸命探してるのもいやですし。なので、財布に入れているカードはPASMOと免許証と保険証くらいのものです。これでだいぶすっきり。

あと、財布でボリュームを主張するのは、なんといっても小銭です。お札は、邪魔になるほどそもそも持ち歩かないですしー(そもそもそんなに持ってないやろーというツッコミは禁止)

小銭は、たまってくるのも面倒ですが、支払いの時も面倒です。小さな財布を使ってますから、財布から小銭を探すのも結構大変です。レジで一生懸命小銭を探してると、店員さんにも後ろに並んでるお客さんにも申し訳なく思います。そういうときには電子マネーが便利なので、使えるお店では基本的に電子マネー(私の場合はPASMOのみに統一してます)を使うのですが、すべてのお店で電子マネーによる支払いができるわけでもありません。どんどん使える店は増えてますけどね。

話を戻しまして、小銭の支払いは大変だし、財布が小銭でいっぱいなのも邪魔なので、小銭は基本的に財布に残さないことにしました。一日が終わって帰宅したら、財布から小銭は全部出してしまうわけです。こうすれば、出かけるときは財布は常に小銭レスで軽量ですし、支払いの時はお札を出すだけなので簡単です。

財布の問題はこれで解決するのですが、問題は家に残った小銭の扱いです。最初は、ずっと貯金箱に貯めておいて、いっぱいになったら銀行に持って行っていました。この方法の欠点は、大量の小銭を扱うのはATMではなくて窓口でなくてはだめなので、平日の昼間しか持っていけないということとです。平日の昼間は仕事をしてますから、昼休みとかに行けるのでなければ、この方法は実現できません。そのころは平日昼間に時間がとれたので銀行に持って行っていたのですが、その頻度が結構頻繁で、時間がとられるというのが問題になってきました。

次にとった小銭の対処方法は、自動販売機で使うという方法でした。缶コーヒーでも130円とかしますので、小銭入れを別に用意して、そちらに20枚くらいの10円玉を入れて持ち歩くようにしました。これで小銭はだいぶ片づけられるようになったのですが、飲みたいから缶コーヒーを買うのではなく、小銭を処分するために缶コーヒーを買うというのは、間違っているよなぁというのがずっと気になっていました。

そして、現在とっている方法は、PASMOにチャージするという方法です。すべてのチャージ機が対応しているわけではないのですが、私の行動範囲の駅の切符自販機では10円単位の任意金額でのチャージに対応しています。なので、少し小銭がたまったらその全額をチャージするという方法で対処することにしました。こうすれば無駄な買い物をすることもありませんからね。

残るは、チャージ機に対応していない5円玉と1円玉です。これは仕方がないので、近所のスーパーに買い物に行くときにまとめて持って行って、支払いの端数に使うことで対処しています。これはもうちょっといい方法があればなあとは思っているのですが、いまのところはないですねぇ。

というのが、2017年1月時点での私の小銭とのつきあい方です。

(2017/8/9追記)

落ち着いて考えてみると、1円玉と5円玉はそれが少々たまったところで金額としては大したことないですよね。きっちりお釣り銭として使い切ることに手間をかけるよりは、適当なタイミングでコンビニの募金箱とかに入れてればそれでいいんじゃないかということにようやく気づきました。ということで、これからはそうします。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0