ヤフオク業務報告

2010/1/8作成

昨年の夏ごろに思い立って、蔵書/CDを基本的に全部処分することにしました。処分方法はBOOKOFFだとあまりに悲しい値段になってしまうのでヤフオクを利用することにしました。その出品及び発送がほぼ完了したので、まとめておきたいと思います。

なお、以下に書きますことは、あくまでも書籍/CDカテゴリの話です。ヤフオクは巨大な市場ですので、他のカテゴリはまた違った事情がある部分もあると思います。

大量出品はそれ自体が大変
総出品数が約200点だったのですが、これを一つ一つ出品していくのはとても大変な作業でした。この辺、いわゆるウェブアプリケーションのいけてないところだと思うのですが、何かアクションを起こすたびにサーバにリクエストが行って応答が帰ってくるまで待たされるというのはストレスが溜まります。それが、×200ともなると。
一般に個人だとここまで大量に出品することはないので、これでもいいとは思うんですが、業者さんとかはどうしてるんでしょうか。CSVで一括出品するツールとか提供されてるんですかね。
入金確認も大変
落札してもらって入金してもらったあと、その確認も結構大変です。私はイーバンクを使って対応したのでネットバンキングで確認できるから、わざわざATMまで記帳に行かなくていいという点では楽なのですが、大変な点はそこではなくて、どの入金がどの品物に対応するかを調べるのが大変なのです。1点2点程度の出品だったらたいしたことは無いのですが、毎日10点以上落札されるような状況だと、どれがどれに対応するかいちいち調べるのがかなり大変でした。間違いが許されないことでもありますしね。
使ったことはないのですが、Yahoo!かんたん決済ではこの辺の対応も取れるのでしょうか。だとしたら使う価値はありそうです。
人気作は思った以上に高額で落札される
今回の出品中、一番の目玉は「西遊妖猿伝全巻」だったのですが、これが新品価格1万1千円のところを7千円くらいで落札されました。更に送料がかかりますから、落札者は8千円くらい払うことになります。個人的には、そこまでの金額を出すことを考えると、ヤフオクのリスク(中古である、詐欺の可能性)を考慮すると新品を買ったほうがいいのではないかと思うのですが、そうは考えない人も多いようです。
別の例では、スラムダンクが読みたくなって全巻セットを探しているのですが、これもやはり新品に近い値段で取引されているようです。
書籍/CDは閲覧者が少ない
書籍/CDカテゴリでは一部の人気作品を除いて閲覧者が非常に少ないです。結果、なかなか入札されることもなく、入札されても複数の入札者が現れなくて出品価格のままということも多々あります。
値下げしても売れるものではない
基本的に7日間3回自動再出品で出品して、それでも売れ残ったものは99円均一で再出品したのですが、それでも売れ残ったものはそれなりにあります。200点中40点くらいでしょうか。結局それらはBOOKOFFに持ち込んで処分しました。しかもBOOKOFFですら買い取ってくれなかったものがあったというオチ。
別のカテゴリ、例えばコンピュータ関係だったら安くさえすれば大抵のものは落札されていたように思うのですが、書籍/CDカテゴリはそういう動きではないように感じます。
書籍/CDに関してはamazonマーケットプレイスのほうがいいかも
上記2点を考えると、書籍/CDに関してはそれなりの価格で長く出品するというのが戦略として良いように思うのですが、ヤフオクの場合出品手数料が1回10円掛かります。1回の出品で最長28日までしか出品できませんから、例えば1年間出品し続けるとするとそれだけで100円のコストが掛かってしまいます。それならばamazonの方がいいかなぁとも思います。今度機会があれば試してみたいと思います。
イーバンクユーザが思ったより少ない
ヤフオクではJNBを抜いて一番の普及率と聞いたことがあったように思ったのですが、意外とイーバンクの口座を持っていない人が多かったです。そういう人で多かったのがゆうちょ銀行ですね。落札者のことを考えると複数の口座を用意するのがいいのですが、そうすると入金確認が更に大変になるので躊躇するところです。
評価してくれない人が思ったより居る
評価乞食というわけではないので別に構わないのですが、150点くらい落札されて評価が100くらいだから3人に1人くらいは評価してくれないということになります。これは意外と高確率かなと思います。
評価してくれないのはいいんですが、品物が到着したことを報告すらしてくれない人も多いのはちょっと困りものでした。まあクレームが来てないという事は無事に届いているんだろうとは思うのですが、ちょっと心配でもありました。
いたずら入札は思ったより少ない
200点出品して、いたずら入札は2件のみでした。ヤフオクは5000円以下なら本人確認無しで入札できるので、価格の安い書籍/CDはいたずら入札がもっとあるのかと思ったのですが、意外と少なかったです。

(追記)

発送について
最初はゆうメール(旧冊子小包)を利用していたのですが、途中で落札者さんからクロネコメール便のことを教えてもらい、以降厚み2cm以下のものはクロネコメール便を使っていました。ゆうメールはポスト投函も出来ますが、ポストに入らないものは窓口に持ち込むしかないので、平日昼間に限定されるという難点がありますが、クロネコメール便はコンビニで出せるので24時間出荷可能という利点がありました。あれ、でもポストも24時間投函可能ですね。ということは差はないのか。勘違いしてた。

あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0